疾患管理システムを活用した
オンライン診療で、
見える、 伝わる、 つながりあえる。

YaDoc(ヤードック)は、メディカルデータの活用によって、
医師や医療スタッフと生活者のコミュニケーションをよりスマートにする、
オンラインの疾患管理システムです。 

コロナウイルス感染拡大防止に
オンライン診療の活用を検討中のみなさまへ

コロナウイルス感染拡大防止策として、医療機関が速やかにオンライン診療を開始し、患者が不安なく活用できるための環境整備についての情報をまとめた特設コンテンツを公開いたしました。詳しい情報はこちらからご確認ください。

新機能情報

一覧を見る

オンライン診療で使う3つの機能

モニタリング

患者さんは、疾患に合わせて治療に必要な項目を自分で管理して記録。医師は患者さんの状態変化を継時的に捉えることができます。

オンライン問診

疾患ごとに設定される定型項目に沿って、医師は患者さんの入力する主訴を漏れなく把握することができます。

オンライン診察

予約時刻を目安に医師が発信。医師は患者さんと離れていても、患者さんの表情や状態を見て診察ができます。

機能を詳しく見る

安心のセキュリティ
  • 診療内容等の盗聴を防ぐため、SSL(TLS 1.2)による通信の暗号化を実装
  • YaDoc導入端末に、SSLクライアント証明書による認証と、ID・パスワードによる「2要素認証」を実装
  • リモート操作により、SSLクライアント証明書の無効化ができるなど、YaDocにある情報を守ることができる

YaDocを使った
オンライン診療プログラム

通常の対面診療に、オンラインでのモニタリング・問診を追加することで、これまで見えにくかった患者さんの症状や状態を把握できます。さらにオンラインでの診察を組み合わせることで、きめ細かな治療を継続的に行えるようサポートします。

image_.png
勤労者の治療離脱を防止

多忙等で定期的な通院が途断えがちな患者さんへオンライン診療を組み合わせることで、無理なく、治療が続けられます。

通院困難な患者さんの負担を軽減

対面診療とオンライン診療を組み合わせ、通院困難な患者さんの外来通院の負荷を軽減することで、かかりつけ医が診つづけることを支援します。

在宅医療にきめ細やかに対応

オンライン診察を利用し経過観察を行うことで、よりきめ細やかな診療を実現。患者さんの状態が変化した際も、医師と繋がることで、安心感を患者さんと家族に提供します。

導入実績

YaDocは2200件以上の医療機関で導入されています。実際にYaDocを使っている医師と患者さんの声を集めました。
※ 2020年4月現在

お申し込み

クリニックプラン(旧:プレミアムプラン)
¥30,000 /月
導入費用¥0 / 月額利用料¥30,000

病床数19以下の小〜中規模のクリニックでご利用いただくのに最適なプランです。医療従事者ユーザーを3名までご利用いただけるほか、ビデオ診察可能人数も無制限にご利用いただけます。疾患管理やオンライン診療にご利用いただける基本のプランです。

  • ユーザー数(医療従事者) : 3名
  • ユーザー数(患者) : 無制限
  • ビデオ診察 : 無制限
  • 診察予約
  • スマホ問診
  • オンライン診療計画書
  • 問診ガイド機能
  • 待合室問診(iPad)
  • モニタリング機能
病院プラン
お問い合わせ

病床数20以上の病院にてご利用いただくプランです。ご利用料金やサービス内容については、お気軽にお問い合わせください。

  • ※ クリニックプランで医師ユーザー4名以上での運用をご検討の方は、追加1ユーザーごとに月額利用料金¥10,000(税抜)でご利用いただけます。詳しくはこちらからお問い合わせください。
ご利用環境の動作確認

お申し込みの前に、お使いの環境でYaDocがご利用いただけるか、動作テストを行いましょう。オンライン診療を開始するには、Google Chromeのインストール、カメラ・マイクの動作確認が必要です。

  • ※ 上記は全て税抜の金額です。
  • ※ クリニックプランの月額利用料は、クレジットカードによる決済となります。
  • ※ 三菱UFJニコス系決済代行システム(株式会社ペイジェント)を採用しており、クレジットカード登録時に同システムに遷移します。
  • ※ 登録されたクレジットカード情報は株式会社ペイジェントの管理となります。当社サイトにおいて、お客様のクレジットカード情報は保持しておりません。
  • ※ ご解約は、月単位で承ります(当月20日までの告知で当月末の解約。21日以降は翌月末の解約)。

お知らせ